スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県のとっぱずれ、制覇!!

寝坊し諦めかけるが、1時間遅れで出発。

電車から海が見えると、ほんとわくわくする。

館山駅9:51着、遠い。始発でも着くのは9:00頃だし。
DSC04566.jpg

館山から房総半島海岸沿いをぐるりと、ほぼ「房総フラワーライン」で、反対側の千倉までの予定。

10:05、北条海岸スタート。暖かい。
モンチュラのFly Jacket。汗かいても全く不快感ナシでお気に入り。

DSC04567.jpg
舟盛、菜の花。

見覚えあるな。館山若潮マラソンのコースだ。

何となくペースはやや上げて。スタートが遅いし、帰りの時間が気になる。

海上自衛隊館山基地ぐるりと10:30、沖ノ島。
DSC04568.jpg
砂浜を渡って。

探検、探検。
DSC04572.jpg

途中の横穴の小窓。
DSC04573.jpg

DSC04574.jpg

自然の造形美。
DSC04576.jpg

ここから出てきた。
DSC04575.jpg

やはり。この洞窟は戦争遺跡なんだね。

DSC04570.jpg
東京湾。

DSC04571.jpg

来た道戻り、いよいよ房総フラワーラインをゆく。

歩道ラインあるのみの区間多し。

オクムほどではないけれど、アップダウンがそこそこ。
まだ元気。大丈夫。

11:53、洲ノ埼灯台に。
DSC04579.jpg

階段の途中で。
DSC04584.jpg

DSC04580.jpg

DSC04583.jpg

DSC04582.jpg
中吉でした。

DSC04585.jpg

洲ノ埼灯台

DSC04587.jpg
突き出た緑のこやまが沖ノ島。
ここからうねうね海岸線をやってきたんだ。

灯台には登れませんでしたが、灯台下の海岸へ。

庭園?
DSC04594.jpg

まだまだ未完成のようで、謎だらけ。100円徴収されました。

千葉県最東端‼
チーバくんの爪先。
DSC04593.jpg
昨日の方が晴れてたかな、きっと。

12:20 沖ノ島に寄ったにせよ、ここまで2時間15分。
この先野島埼灯台まで行って、さらに千倉まで行くのを辞めた場合、野島埼灯台からバスあるか?

しばし思案。そしてリスタート。
行ってしまえ。何とかなるさ。

やっとフラワーなライン。
DSC04595.jpg

おなか空いた。
ジェルしかないので2つ投入。
足りない。

13:25、道の駅 南房パラダイス。
DSC04597.jpg

びわソフトをペロリ。
他にも、と物色するもピンとこず、リスタート。

だんだん右ハム痛が。ペースも落ちたか。

しらはまの電燈


海が緑めいてきた。
DSC04600.jpg

やっと小さく、白い灯台が。
DSC04601.jpg

14:53、千葉県最南端‼
DSC04602.jpg

DSC04603.jpg

DSC04604.jpg

DSC04605.jpg

これで千葉県のとっぱずれ(関宿、犬吠埼灯台、洲ノ埼灯台、野島埼灯台)を、私は制したんだ☆

野島埼灯台へ。
DSC04607.jpg

頭隠して尻隠さず、ではないですが、
洲ノ埼灯台の階段
頭気をつけても、ザックが引っかかる私。

DSC04609.jpg

千葉最南端
なぜか『果て~しーない~、おお~ぞらーと~』

35.7km、5時間5分、ここでゴールとしました。

観光案内所で千葉駅までバスがある事を知り、次の出発時刻16:35までちょうどいい具合な。

目に入っていた、ホテル南海荘へ。

日帰り温泉あった♪ 800円。

ここ白浜野嶋温泉は、いわゆる「塩湯」で、保温効果あり、美肌効果ありで、美人の湯ですって。

千倉で海を眺める露天風呂を、と思っていましたが、またの機会に。
温泉はいいですね。

海と温泉が、最近の良からぬ私を、洗い流してくれてますように。

(あとで調べたら、あの大浴場に使用している大岩は、「くどりの大岩」。言い伝えによると、「災厄除り」がなまって、苦を除る→苦取り→くどり、となったそうな。なんてピタリ☆)

せっかくなので海鮮物などを食したかったが時間がなく、コンビニであんぱん、自販機で缶コーヒー。残念。

さて、1日目荒川104k、2日目武甲温泉ゴールの45kがまもなく。

昨日まではなんだか楽しみでした。
レースではなく、記録もなく、1日目のゴールは自分で決めていいし。
せっかくだから104k完走はしたいな、と。

今日、不安になりました。

ま、なんとかなる。

しよう。











Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。