スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回 日本山岳耐久レース 長谷川恒男CUP         ~初参戦の巻~

課題、というか。
収穫、というか。

DSC04032.jpg

一昨年、昨年と観戦し、今までエントリーする気がなかったこのレースに、
昨年観戦してから出たいと思った。

会場入りの時点から、精神的にあたふた。
水はどうしよう、ザックは大丈夫かな、暑いよー、あわあわ。

装備一式。(実際には、コーラとワッフルは持たず)
DSC04029.jpg

カロリー消費を目安で計算したりしてみましたが、かなりアバウト。
ジェルは定期的に摂ろうと思っていたが、途中から無視。

外は夏場のレースのよう。日陰で待機。

いよい整列。
最初は16時間のとこにいましたが、思い切って12時間に移動。

START!!ゲートくぐるまで1分以上。
特に飛ばすでもなく、落とすでもなく、チョロチョロ前へ。

「※※※!頑張れ!!」

思いがけずの男性の喝に、顔を向けると突貫さん!!

中学、高校の部活の時の感覚が呼び起こされる。
あの気合いの入った力強い喝!!
久々すぎて新鮮で感激でした☆ありがとうございました!!

凄いですね。変電所でいったんばらけるも、入山峠まで渋滞が続くとは。
そのあともびっしり。動いてはいたけど。
おかげで前半の前半は調子良い錯覚。
山に入ってすぐの渋滞中に、早いうちに摂ってみようとカロリーメイト2本。
ゆっくり咀嚼できたんで、困らず食べれる。

昨年私達の応援第一ポイントだった入山峠先にマイさん&エースカメラマンさん☆
マイさん今年はおひとりなのね。
会えてすんごい嬉しくて♪次は日の出山にいるからって。
(残念、お互い分からなかった・泣)

まだ元気。
この暑さの中、月夜見(42.09km地点)まで水2Lをもたせなければならないので、
かなーり慎重にちょび飲み。

どのあたりからだったか、第一関門前のどこかの登りで、まだ明るかったのに
早々と睡魔が!?
意識がフッと、飛ぶ始末。危ないよ。

今回初めてカフェインの錠剤と酸素の錠剤を試すも効かない。
コース外れて木にもたれ、足を投げ出し目を閉じる。

あぁ、この感じ、心地よい。
森と同化して沈んでゆくような。このまま…。
けど、コースを続々と行く選手の気配が気になる。
数分?ほどしてリ・スタート。しばらくは復活した感。

初めて観戦した一昨年の、第一観戦ポイントの第一関門、浅間峠(22.66km地点)。

私はNAO点けて暗い時間に。遅いんだろうなーと、5時間12分。
トイレに並び、そのあとは場所を見つけて腰をおろす。
水はまだ500~700mlぐらいしか飲んでない?この先結構飲めるな。
ちょっと固形もので補給し登り出す。

やっと22.6km越えかー。どうなるんだろうこの先。
スピード上がるでもなく。

睡魔再び。良さそうな木を探す始末。
西原峠前の登りでしばし。今度はフライジャケット着て横に。

夜は全く寒くなかった。汗バーバーではなくても、私はやや暑く感じてた。
アームカバーも下ろし、横になる時だけ上に着た。

三頭山の登りでも横になりたくて木を探してたけど、脇にそれることなく結局上まで。
山頂手前の避難小屋トイレに並び、ここで一呼吸つけた。

数人前の女性→「男性はあいてますよ。」
私→「(私か?)スイマセン、一応女性です(笑)」

なぜに謝る、あたし。
ヘッドバンドで黒系ウェアで、暗いしね。
大丈夫です、ハイ。

一登りしてレース最高点、三頭山山頂1,527m。

山頂や峠では、選手は腰を下ろしたり横になっていたり。
私は関門以外はどこもスルー。
横になるのも手前や過ぎてから。

3度目。どこかの登りで10分ほど横になり、完全に寝るわけではないが、落ちそう。15分ほどコースを離れる。

第二関門、月夜見山駐車場(42.09km地点)。10時間49分。
ここまでで1.25Lほどの消費だったか。
合計1.75Lぐらいになるまで水をたしてもらう。
さっぱりしたいからショッツは投入せず。
ちょっと補給してリ・スタート。

御前山登りで4度目。
自分の「んー@;,.*+?>"#」ってうなり声(?)でハッとする。おなかも鳴る。
何分経った?15~20分ほど?

森の中で寝る心地よさ、中毒になってるんじゃないか?マズイな。

大岳山、いわいわ!!
戦線離脱して横になりたかったんだけど、私を含む団子集団がいいペースで進んでて、私も離れずひっぱられ。結果良かった。
山頂で一息つこうと思ってたけど、ここもなんかスルー。
ここの下りはゆっくりではあったけど、大岳山から、私のレースは始まった!?

大岳山で離脱せず、山頂で止まらなかったのが大きいか。
もう基本的にはここから下り基調のコース。

御岳山手前の水場、一口頂きたかったけど、並んでいたので止まらずスルー。

第三関門、長尾平、58km地点。15時間13分。

ここには天使が☆

声をかけられるまで、きょうこさん達だとは気付かなかった。
両手を私の肩に置き、「いいペースだよ!!」って。

そしたらとたんにあふれ出す涙!!

せき止められてたのかね。
知ってる方に声をかけられて、ほっとして、嬉しくて。
水場はここじゃなく、下ったとこだと教えてくれて、送り出してくれた。
皆さんには頭を下げて、ありがとう。

再び1人になってから、ほんのちょっとばかし嗚咽ランで、過呼吸になるんじゃ
ないかと、内心(笑)。

天使にお会いしたおかげか、もう足は止まらない。
なんなんだろう。
空身のようで、今スタートしたかのようで、心身がフレッシュだ。

楽しい!!
下りはアスレチックの水上コースの「いかだ渡り」のよう。
「因幡の白ウサギ」も頭に浮かんだ(笑)

が、しかし!!
鳥居前でずざーっとすっころぶ。
歩けん!!しばしうずくまる。痛みが左外すねに。
タイツは破れてないが、皮膚に傷はあろうかと(軽く腫れてた)。
よちよちしばらく歩いて様子見る。やがて復活。

御岳神社付近の夜の誰もいない門前町(?)はいい雰囲気だったな。
もっといたかった。
下ってくると、おばちゃん4人ほどがたき火を囲んでいた。声援くださったので一礼。

神社の手水舎のお水をひしゃくで頂く。
『おいしい♪』
念のためリザーバーにも補給。
ありゃ、案外まだ水残ってたか、ま、いいや、ご利益ご利益♪って、
結局満タン近くなっちゃった。

夜明け前の暗い中で、GOALはできるのだろうか。
暗い中のGOALのほうが、なんかいいな・・・。
どれくらいで行けるのかな・・・。

日の出山山頂、60.55km地点。
ここは小樽か!? って、実際に行ったことはないけど、そんな感じの夜景が目の前に!!

そんな夜景を前にして、この時の私は立ち止まらず歩いてスルー。
『ススメ!!』
ほんのちょっとだけだったけど、あの夜景はキレイだったな☆

あと約10km。
ロードで1時間か、ということは・・・などと。

長尾平の天使と、神社のお水のおかげか!?

もう急登はなく、登りも走れる!!
どんどん追越し突っ走る。

皆さん歩いているので、対照的だなぁと、客観的に見る私。
へんだよな、なんなんだろな。

夜明けだ。日が昇る。明けてしまったか。
でも、ちょうど日の出に向かってのラン。

さすがに疲れは若干きたけど、もう行ってやる、17時間切り!!
17時間はどうなんだろうかとは思いますが、ここまできたら切りたいと思い。

長いようで、あっという間。第3関門からは1時間45分で、13.5km先、71.5kmの終着点、五日市会館へ。16時間58分~。ギリ(笑)‼

苦しんで、悩んで迷って。
ドキドキ、キャッキャ、ウルウル。
自分に怒り、ぶつかったり。

トレランに出会っていなければ、そんな自分を知ることや、山の怖さや心地よさ、
朱に浮かぶ墨の富士山や、黄色い月がチラチラこちらを見てること、人の暖かさが沁みることはなかったと思うんだ。ヒトそれぞれだけど、ね?

がっかりだろうが、意味不明だろうが、やったーだろうが、皆に等しく1日は過ぎて、
季節は巡ってく。

あの時を経て、今の自分がある。
それは紛れもない事実。変えられない。

何事も、まずは受け止める、肯定思考があれば…、と思ふ。フフフ。

ボランティアスタッフの方々、ご一緒してくれたり色々教えてくれる友達、
応援してくれた友達、先輩方。
感謝

そう、感謝


<補給内容>

・ジェル:10個
・カロリーメイト:2本(レースにより考える)
・他社のバー:2本(もう出番はナイ)
・ワスプオーカニック:1個(???)
・ハニースティンガーグミ:3/2袋(味濃かったけど使えると思った)
・ウィーダーインゼリー:1個(美味しくリフレッシュできる)
・アミノバイタルゼリー:1個(美味しくリフレッシュできる)
・レモン:1/3袋(美味しくリフレッシュできる)
・酸素錠剤:10粒(むぅ~)
・カフェイン錠剤:2個(むぅ~)
・水(最初のショッツ4錠のみ):たぶん合計で2L弱

<NAO>

12時間ほど使用。
リアクティブモードだと、ころころ暗くなることがよくあった。
息や霧で(今回は霧出なかったかと)そうなると聞いてた。

省エネ考え、リアクティブの方がもつかもと、しばらくはリアクティブで。

そのうちころころ暗くなるのがさすがに気になり、メインをコンスタントモードへ。

下りはそのままコンスタント。
登りはコンスタントでも暗め、もしくはリアクティブの暗め。

ちょこちょこ切り替えてたおかげか、終わってみれば1/3の目盛が消えてたのみ!?

NAO、面白い☆

(ハンドライト出番なし)

DSC04034.jpg
♪♪♪♪♪♪

「手のひらを太陽に」

作詞:やなせ・たかし 作曲:いずみたく

ぼくらはみんな 生きている
生きているから 歌うんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから かなしいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮(ちしお)
ミミズだって オケラだって
アメンボだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ

ぼくらはみんな 生きている
生きているから 笑うんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから うれしいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮
トンボだって カエルだって
ミツバチだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ

ぼくらはみんな 生きている
生きているから おどるんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから 愛するんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮
スズメだって イナゴだって
カゲロウだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ

♪♪♪♪♪♪

改めて、いい唄ではありませんか!!

やなせたかしさんの、ご冥福をお祈りします。

Comment

春山 #cWcd8Id2 - URL
2013/10/18 (Fri) 12:39

改めてお疲れ様でした。
自分は初回のハセツネで計2時間寝ました(笑)
完走目的だったらあの睡魔が最高に気持ちいいんだけど、
タイムを狙うとなると邪魔でしょうがない!

ドレミさん、きっと来年も出ると思います。。。
一度、経験してしまうと「リベンジしたろやんけ!」という
パッションに支配されてしまいます。。。アーメン。。

春山さん
ドレミ #- - URL
2013/10/18 (Fri) 17:50

2時間!?そっかー、上には上がいる、ホッ・・・って違う!!
ハンドライトを目にぴかーッは、止めときました(笑)
来年かー。出るの?私?そうなの!?
んー・・・。暗いうちのGOAL、してみたいかも☆

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。