スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥越祭 2012

浅草時代に見て以来、行ってまいりました。

御本社御輿は「千貫御輿」と言われているのです。

狭い下町の町内を渡御するので、大きな胴体に比べ太く短い担ぎ棒のために、
担ぎ手一人の負担も大きくより重く感じるので、昭和の初めよりその重さから、都内で最も重い神輿と。

夜8時過ぎの宮入道中では、神輿の周りに提灯を付け、高張り提灯に囲まれ
宮入り。
その荘厳かつ幻想的な姿により、夜祭りとしても有名で、暗闇の中を提灯の灯りがユラユラと揺れる事から、「お化け神輿」の別名も。

<ご祭神>

★日本武尊
東国平定のおりにこの地に滞在したことを偲び、村民(平安後期まで白鳥村と
呼ばれた)が奉祀したのが始まりとされる

★天児屋根命
武蔵の国司となった藤原氏の祖神として祀ったものとされる

★東照宮公
徳川家康を祀っていた松平神社(現蔵前4丁目16番付近)が関東大震災で
焼失したため当社に合祀された
~各種説明拝借~

6月9日(土) 夜祭

DSC00634.jpg

提灯

DSC00642.jpg

DSC00652.jpg
雨降る中、ゆっさゆっさと。

6月10日(日) 御本社神輿渡御

DSC00677.jpg

DSC00657.jpg
女の子も、バッチリ決めて。
私も三社で一度、そのためだけに髪伸ばして、やったっけなー。
今はもう、バッサリしちゃったから、ね。

くるゾ!!
DSC00658.jpg

DSC00659.jpg

千貫神輿(約4t)☆ 飛び込みます!!
DSC00663.jpg

DSC00662.jpg

DSC00665.jpg

町神輿へ。子供神輿、かわいいねー。
DSC00675.jpg

DSC00688.jpg

DSC00685.jpg

DSC00684.jpg

DSC00692.jpg

DSC00693.jpg

肩が熱く、イタイイタイ。
女神輿の区間はずっと入りっぱなし☆ ラストはもう、頭突きと酸欠状態(笑)

DSC00694.jpg

DSC00697.jpg

こんなところで!?
DSC00695.jpg

今回得た教訓。
「私は飲んではイケマセン!?」

でも、こんな雰囲気では飲むでしょ?
酎ハイ1.5本、紙コップ1杯のビールのみです。
途中ふわふわ~までは良かったけど、町神輿終わって縁日ぶらぶら
あたりから・・・。

宮入まではとてもいられないと、帰宅なり。バタン。

ポスター




Comment

春山 #cWcd8Id2 - URL
2012/06/12 (Tue) 12:11

お祭りいいよねー。わっしょい!わっしょい!って♪
もう、どーにでもなれー的な感じが好きです。

春山さんへ
ドレミ #- - URL
2012/06/12 (Tue) 21:12

どうにでもなれーって結果が・・・(@_@)
次回もたぶん、どうにでもなれーってなっちゃうんだよねー、きっと(笑)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。