スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULTRA-TRAIL Mt. FUJI (UTMF/STY) 2012     ~FINALE の巻~

5月20日(日) 最終日。ずっと天気には恵まれた。

5:30起床。4.5hは寝れたか。
DSC00531.jpg
ウランちゃん、はむはむ。

DSC00533.jpg
ユキちゃん、デッキの階段でおねんね。かわゆい。

ぺーすけさんの「納豆ひじきおじや」、おいし。

西富士中学校大掃除に向かう前に。
DSC00538.jpg

天子山塊にいて下さった山岳連盟の、山の大先輩方のもとへご挨拶。
DSC00539.jpg
3人の選手がここに下山し、泊っていた。
毛無山 麓 山の家。

礼子さんにお話の内容聞くと、大変だったとの事。
天狗は行けるって進んでも、その後の毛無で終わる選手が多かったそう。
リタイアしても短パンで寒く、スタッフテントに収容とか。

万が一のために、滑落した選手いないかこれから回るとか。

遠慮せず、会長のお話聞けば良かったと後悔。
「山屋」さんと山に行きたいな。絶対勉強になるよ。


西富士中は思いの外、キレイでラクでした。

自分が見てきたレースによっては、凄い荒れ模様だったりした。
ありがたいし、嬉しい。

DSC00544.jpg
ここでも全力投球、礼子さん。トップです!!

DSC00546.jpg

DSC00547.jpg

DSC00548.jpg
こういうの、懐かしい。

天子ヶ岳登山道入り口。標識撤去。
天子山塊への入口

DSC00542.jpg

DSC00541.jpg
ここから・・・。


Fairy Taleに戻り、ぺーすけさんにご挨拶をして、河口湖大池公園へ。
DSC00535.jpg
ほんとーにほんとーに、お疲れ様です!!ありがとうございました!!

DSC00552.jpg
ここの住人(住鶏)ちゃんたち。バイバイね。

GOALには六花さんと三浦雄一郎さん。
DSC00553.jpg
(Yさんも言ってたけど、セサミン、効くのかな?)

私と同い年か、やや上ぐらいか、GOALの瞬間、涙を流すオトコのヒト。
六花さんがしっかり抱きしめて、バンバンと背中を叩いてて。

溢れてきた。

約160km、90kmもの距離を、私と同じ「人間」が、自分の足で。
そしてそこに立っている。
あのヒトは、何を思い、そこに「辿り着いた」のだろう。

なんで「Trail running」を。
なんで途中止めたくなりながらも、痛く辛い思いをしに、レースにも出るのか。

・・・この瞬間。
それまでの、ここの、景色だ。遭遇だ。

やっていなかったら、怪我をして学ぶこともなかったし、今コレを記録している私は、間違いなく、いない。

残念ながら、途中で辞めざるを得ない方もたくさんいた。
完走できなかったことで、苦しんでいる方もいるかと思うと、ツライな。

DSC00555.jpg

DSC00568.jpg

完走率は、大方の予想を上回るものに。

NHKにて、UTMF、48時間のレースに完全密着するドキュメント番組、
「激走!富士山一周 ~ウルトラトレイル・マウントフジ~」(仮)が、
NHK-BS1で放送とのこと。

6月15日(金) 第1部 夜11:00~11:50  第2部 深夜00:00~00:50

礼子さん近辺で、見切れてたりするのかな、自分。(たぶんない)

来年はまたボラか? 選手か? 
礼子さんのお手伝いはさせていただきたいな。

そのためには・・・。
うぅ~、MT車運転ができるようになるとBEST!!、だね。

礼子さん、ぺーすけさん、Fairy Taleのみんな、まさみさん、
今回礼子さんと繋いで下さった突貫さん、sasashinさん。
「礼子隊」の方々。みなみな様。

全てに「ありがとうございました

DSC00518.jpg

DSC00572.jpg
河口湖を後に、富士宮駅へ。

~おわり~




















礼子さん。

あなた様のように、とんでもなく疲れてて、あれもこれも言われて聞かれて、
もう1人自分が欲しいぐらいなのに、誰よりも笑顔で、
全力で楽しくしてしまうあなた様に脱帽です。
天子山塊、今度是非☆

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。