スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新明解国語辞典

おもしろすぎー!

中学生の頃に買ってもらった辞典を引っ張り出して確認。
「新明解国語辞典」は、かなり独自色強い解説多し・・・とは聞いてて、
依然にも「ぷっ(笑)」と。

お昼の番組で、金田一先生がおくる、「日本語の仰天豆知識」コーナーにて。

【鴨】
ニワトリくらいの大きさの水鳥。首が長くて足は短い。冬北から来て、春に帰る。
種類が多く、肉はうまい。

【すっぽん】
日本南部のどろ沼や川にすむ、カメの一種。甲は丸く柔らかで、
かみついたら離れない。吸い物にして、美味。

食いしん坊だったらしく、食べ物系は「味解説」多し。
「すっぽん」に関しては、なんと「吸い物」という指定!?

【凡人】
自らを高める努力を怠ったり、功名心を持ち合わせなかったりして、
他に対する影響力が皆無のまま一生を終える人。

こりゃキッツイ!?

辞典はこういう見方もできて、おもしろいなー。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。