スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空白の五マイル

Image204.jpg
著者:角幡唯介さん (集英社 刊)

昨年?今年だっけ?
読売新聞の記事でこの方を知り、同年代のこの人を、もっと知りたいなと思っていた。

こないだ、購入。

「癒し」だとか、「恵み」だとかとは無縁な、人をよせつけない伝説の峡谷。

「生きるために」どうすればいいか、「死」を覚悟しつつ、なお生き延びようとする思考。

そんな状況で感じられる「生」。


『冒険は生きることの意味をささやきかける。だがささやくだけだ。答えまでは教えてくれない。』

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。