スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国土地理院デー

早速。

国土地理院地形図「柿岡」手に、小町の里へ。

地形図にトレイルの表記はないんだけど、全く知らないとこではないから、まずはここで、なんとか実際と地形図を照らし合わせてみたいかなーと。

山の名前もないから、この道の先のピークは地形図でいうとどこなんだ!?
時計の高度と、地形図の等高線もどうなんだか・・・。
向かってる方角と、地形図のピークは合ってるよな?

結局照らし合わせはナゾのまま、今まで進んだことのない道開拓でうろうろ。
気づけばパンツに蜘蛛の巣、足首に傷なんぞが。
わっさわっさ分け入ったもんな。

ここも、さっきの道も、スカイラインに出るのねーとか判明。

スカイライン超えて、林道入ったけど、風出てきたし、この後天気も怪しくなるの
かなーと、夜出かけるし、あそこも寄りたいし・・・と、すぐ引き返す。

展望台より、筑波山。
展望台より筑波山を
でも、実は展望台下のベンチから。
だって上の展望台にはカップルの先客がいたものでー。

小町の里まで走って。
んー、岩場はまだ恐怖感拭い切れないや。

山ん中では、帰りにハイキングレディース3人組に会っただけ。
筑波山とは大違い。


帰りに、あそこに初めて寄ってみた。

その名も・・・
『地図と測量のおもしろさに出会える 地図と測量の科学館

今まで通過はしてたんだけど、今日行きで目にして気になって。
Myアンテナたってるねぇ

地図記号クイズコーナー
こんなコーナー

ん?
はて・・・。

へぇ~
へぇ~。

全部表の記号扉を開けてチェックしました。

震災についての展示もかなり。
関係ある分野ですものね。
展示(震災2)

基準点測量成果の予定は、地殻変動が大きかった地域では、三角点、水準点の
観測成果を改定する必要があるため、測量成果の公表を停止していましたが、
電子基準点の新しい測量成果の計算や点検を進め、5月31日に新しい測量成果を公表しました。
三角点及び水準点の測量成果については、改測作業の実施を一次補正予算で
認めていただき、作業を実施しています。
これらの測量成果は、10月下旬を目標として公表していく予定です。
(展示より)

展示(震災6)

部屋には作業の方が回していたビデオの上映コーナーや、被災地の地殻変動の
データ地図もたくさん。
いやいや、これ、1つ1つチェックしてるんですよね!?

他にも地図ができるまでとか。
展示(地図1)

展示(立体1)
平面地図が・・・。(影スミマセン)

展示(立体2)
筑波山ね。

展示(立体3)
富士山だってこうなります。

古地図、測量の通史・地図の通史、日本地図でも水系地図とかの、分野ごとの
大辞典ぽいものとか。
お土産コーナーには南アルプス、富士山、各地山々のぷにゅぷにゅ立体シートや、
地図記号手ぬぐいなんぞも
本日はお買い上げナシですがね。

この後の予定と、おなかが空いてきたのとで、全部じっくり拝めませんでしたので、
ここはまた来ます

筑波山、石岡、真壁、桜川など方面にお越しの際には是非!!
いや、ここだけでもいかがですか!?

地図と測量の科学館


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。