スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシコ

熱いっっっ 

・・・・・
サッカーには“ダービー”と呼ばれる試合がある。一般的には同じ本拠地を持つチーム同士の試合を指す。その 中で、最も有名なのがスペインを代表するレアル・マドリードとFCバルセロナの「エル・クラシコ(伝統の一戦)」だ。サッカーに留まらぬ、歴史的・民族的な対立構造を背景に持つ“宿命のライバル”である。

長野と松本が“宿命のライバル”となった発端は、実に130年前にさかのぼる。
明治時代の廃藩置県の結果、松本市を県庁所在地とした「筑摩県」と、長野市を県庁所在地とした「長野県」が成立 したが、明治9年に、筑摩県庁が原因不明の火事で消失し、それを機に、政府は「筑摩県」の信州地域を「長野県」に 併合。その後、松本側から起こる度重なる分県運動や県庁移転論、長野側による阻止が繰り返された。
こうした歴史的な背景を下に“信州ダービー”は信州という一つの国を二分する“因縁の対決(=クラシコ)” になったのだ。

2009年に松本山雅FCがJFL昇格を決め、2010年にはAC長野パルセイロがJFL昇格を果たした。2011年、JFLの舞台で 再びクラシコが繰り広げられる。
(以上、映画HPより)

間もなく公開!!

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。