スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費の謎

先日総合病院内、内科待ち合い席で1時間(!)待っていたのだけど、本などは読む気にならず、ふらっと自販機1回寄ってまた戻り。
あまりにも待たされた方なのか、怒って帰る方々も。
私はそんなに長く苦痛には思わなかったのだけどな。だらりだったからか?

だらーっと壁のPOPをあれこれ眺めてた。

「自由診療費」なるPOPだった。

保健内でも医療費って点数だし、何されての料金?何に掛かった料金なのか、こちらは出されたまんまお支払い。

無知だからだけど、このPOP、ちょっとびっくりした。

診断書貰うのに、市の教育委員会形式なら525円だったか?
保険会社形式だったり、病院形式だと1000~2,3000円台。

血液型診断書は1575円だったか?

死亡診断書においては高額になり、保険会社形式だと10000円超え!!
病院形式だと数千円台。

それぞれ何の差やねん・・・。
そないに掛かりますんか?何かあるからこうなんでしょうケド。

こちら側が勉強せねばなりませんなー。

それに病院は。

Drにはこちらが突っ込まないと、気になる己の身体を、分かりやすく説明してくれない方々がほとんどかと。
事務方も看護師さんも、沢山の、中には面倒な患者さんもいるから、そりゃ大変なのは充分承知してますが。
もちろん全ての病院がそうとは思いません。

「人のふり見て我がふり直せ」

・・・とは、思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。